2015年07月30日

音コミュニケーション(2)

地域とともに活躍する川村学園女子大学






(2)音楽療法の実践的研究も行いました。



目的: 即興を用いた能動的音楽療法の効果を検討。

方法: 実験協力者 適応指導教室に通う不登校児童とスタッフ

手順: コップを用いた即興演奏の音楽療法を実施する前後に質問紙調査を行う。
  実験協力者は、音楽療法の意図を十分に説明され、同意した上でインフォームドコンセント用紙に署名して参加した。


図3



蓑下図3.jpg




 図3のように、音コミュニケーション実施後は、より笑顔になって、調子も良くなっています。
それでは、音コミュニケーション(即興的作曲療法)を体験した適応指導教室に通学中の児童の感想を紹介しましょう。


、コップで演奏をしてすごくたいへんでした。キレイな音のだし方やたたき方コップでもこんなにキレイですごい音がだせるなんてびっくりしました。自分の番ではきちんとやってなど、コップでもピアノなどの楽しいようなえんそうができて楽しかったです。アイコンタクトでえんそうするときは他の人の目をみたりしてえんそうしておもしろかったです、かえるのえんそうはりんしょうをして後からついてくるようにえんそうしたりおもしろかったです、ピアノとあわせてえんそうしたのもすごく楽しかったです。ピアノのえんそうもとてもキレイな音で心が晴れたような元気になりました。はじめる前は元気がなかったけどやってみたらすごく元気がでました。

、一つ一つのコップの音が違うので初めは驚いたけれどとてもきれいにひびき楽しく笑顔で演奏することができました。これからもっと良くなっていくのが楽しみです。またやりたいと思いました。やっているときに自然と笑ってしまったり、気持ちが良くなってきてやって良かったです。これからも頑張ってください。

、楽器じゃなくてコップを使って曲を演そうしたのが楽しかった。自分の番を忘れてしまいそうなときに友達が教えてくれたりして助かったし、うれしかった。自然と笑える場っていいなと思った。

、みんなと合そうができて楽しかったです。でもコップの音がどうしてなるのかとふしぎに思いました。

、今日は音楽療法を勉強できてよかったです。自分は音楽でドラムを習っているのですごい楽しかったです。


以上のように、登校拒否状態にある児童もアイコンタクトを遊びの中でやることで、普段「人と眼をあわせるのが怖い!」から「人と眼があうと安心するし、愉しいかも?!」に変化していくことがあるという体験ができました。そこで、以下のようにまとめました。




音コミュニケーション
  音をつかった人と人とのコミュニケーション


@アイコンタクト
 対人恐怖ぎみの人も、必要のためにアイコンタクをしてみる
          ↓
       怖くない→いえ、むしろ楽しい?
          ↓
 アイコンタクトで生まれる心のつながり

A共同作業
 いっしょに何かやることで、生まれるワクワク♪
       ↓
 集団ってもしかしたら、そんなに嫌なことじゃないかも???
       ↓
 いつもより周りの人が優しくみえるなあ、、、。

B創造性
 ワクワクすることで生まれる独創性♪
       ↓
 あれ?自分にもできる???
       ↓
 自分らしさの取り戻し。→自己実現(byロジャース)

Cチャレンジ精神
 怖いこともやってみると楽しい♪
       ↓
 あれ、最初は怖くても何とかできるかも???
       ↓
 克服→「人生は冒険」 (byロジャース)



                        
来談者中心療法のロジャース

全ての人は自己実現する力をもっている。不適応な状態にいても、自分で克服する事ができる。カウンセリングは受容的に聴いて行くことで本人の立ち直る力を回復させる。

自己実現:自分らしくのびのびと生きる力

人生は冒険:日々人は危険をおかして前に進んでいく。   



これからもいろいろな方たちに音コミュニケーションを体験していただこうと考えています。


    
文学部 心理学科 教授 簑下成子