2015年09月28日

日本の美術にみる色彩と文化(2)

地域とともに活躍する川村学園女子大学





―青の世界ー



U.古伊万里・有田の染付の魅力



佐賀県有田市は日本の磁器誕生の地で、伝わるところによれば江戸時代初期に朝鮮半島から来た李三平という人が、鍋島藩内の有田泉山(図−1)で白磁土を発見し、器の成型と焼成に成功したと云われています。


荻原2−1.jpg

図1 泉山採石の様子
 


鎖国の時代、長崎の出島にてオランダや中国との貿易が始まると、様々な物資とともに中国景徳鎮の優れた磁器が舶来し、その影響を受けて有田の磁器はいよいよ発達してゆきます。やがてオランダ東インド会社との交易が盛んになり、有田焼はヨーロッパでは通称“Imari”と呼ばれて、王侯・貴族たちに好まれました。

有田窯の当初は李氏朝鮮風でしたが、やがて中国の呉須(コバルト)による青い絵付「青花(せいか)」を模倣して、花・風景・祥瑞・吉祥文などの染付を生産してゆきます。
やがて17世紀後期になると白磁に青一色の染付のみならず、白磁に赤などの鮮やかな色絵付けを施した柿右衛門様式が登場、色絵付けと染付を組み合わせた技法「染錦手(そめにしきで)」による完成度の高い磁器をも生産し始めます。(図−2)(図―3)


荻原2−2.jpg
図2景徳鎮の青花大皿
(県立九州陶磁文化館)

荻原2−3.jpg
図3 染付白鷺図三脚皿
(県立九州陶磁文化館)




17世紀のヨーロッパ貴族はバロック趣味であり、豪華絢爛なものを好むことを注文主のオランダから知ると、有田では早速中国の青花芙容手皿、器にみる大柄な意匠等を手本として、より華やかな金襴の染錦手を工夫して注文に応じてゆきました。このことはいかにも日本人の融通無碍を心得た機敏さを表していて、大変興味深いところです。

先年、佐賀城と鍋島家の徴古館、及び佐賀県立博物館、県立九州陶磁文化館、有田赤絵町の今泉今右衛門窯、肥前鹿島市の鍋島木版更紗の鈴田滋人工房を訪ねました。このことにより鍋島藩には伝統的な武家の美意識の高さと、優れた産業振興育成策を常に発揮し、現在においても佐賀県の文化には、独自性とその感性の豊かさを見ることが出来ます。

平成24年8月、筆者知人の鈴田滋人氏(鍋島木版更紗・人間国宝)より紹介を頂き、御用釜で色鍋島の伝統を継承する有田赤絵町の今泉今右衛門窯と今右衛門古陶磁美術館2ヶ所を訪ねて、14代今右衛門氏より直々に鍋島の磁器についての解説をして戴きました。また九州陶磁文化館においては、館長の鈴田由紀夫氏が各展示室の案内と解説をして下さり、館長が作成の“九州陶磁の歴史”の映像を頂き、より深く学習する機会を得ました。(図―4)(図―5)(図―6)


荻原2−4.jpg

図4 染付風車文皿 鍋島様式
(今右衛門古陶磁美術館)

荻原2−5.jpg

図5 柿右衛門様式・色絵梅鶯文皿
(今右衛門古陶磁美術館 )

荻原2−6.jpg

図6 古伊万里・源右衛門窯
   (県立九州陶磁文化館)




九州陶磁文化館内に特別展示されている柴田夫妻コレクション展示は、古伊万里の染付を中心に数千点の寄贈作品で構成されていました。呉須(コバルト)を用いた初期伊万里の名品もよく揃い、その量と質の高さに驚くばかりです。それらの染付の絵柄には唐草・青海波・亀甲・吉祥文字そして何と言っても蛸唐草文様の皿や壺が多いのには驚きました。そば猪口の数量の多さにも目を見張るものが有り、その猪口の楽しさも感じました。正に染付は庶民の器そのものと云えます。

ちなみに西洋で磁器の生産が始まるのは、Imari(輸出伊万里)がヨーロッパの貴族たちに競って購入された頃より30年が経ってからです。やがて“カオリン”と呼ぶ白磁土が見つかり、磁器の生産が始まりますと、最初はドイツのマイセンがその焼成に成功します。時代はシノワズリー(中国趣味)でしたが、特に日本の染付が好まれて手本となり、伊万里の色絵柄も数多く模倣されました。やがて各国では西洋磁器の新しい技法も工夫されて、イギリスをはじめとしてヨーロッパの諸国で様々な展開を見せてゆく事になります。(図―7)


荻原2−7.jpg

図7 色絵桜樹群馬文八角壺、広口瓶 (有田焼成)
  (県立九州陶磁文化館)




やがて、鍋島藩は御用窯を大川内に築くと、朝廷と幕府への献上品と鍋島家の調度品としての用途以外には一切外に販売することのない高級磁器、即ち“鍋島”を製作し始めました。初期鍋島には染付の小皿などに優品を見ることができますが、その特徴はどこか素朴な温かみを感じる良さがあります。淡青ともいえる染付が美しい。絵柄には白鷺、桃,兎などをはじめ、小動物や果実、草花、風車などがあり、呉須(コバルト)の青と白でシンプルに色分けして表現しています。染付の中には墨を吹き付けたような「吹き墨」と呼ばれる技法が見られ、初期鍋島の特徴の1つになります。(図―8)(図―9)


荻原2−8.jpg

図8 色鍋島 岩牡丹文 
  (戸栗美術館)

荻原2−9.jpg

図9 鍋島・吹き墨技法
  (県立九州陶磁文化館)
 



元禄期の“色鍋島”は日本の色絵磁器の最高峰と言えるでしょう。そもそも外様大名であった鍋島家は武家の格調と高い美意識による高品質な磁器の生産に力を注ぎ、毎年新しい色鍋島を朝廷と将軍、徳川家へ献上してゆきます。この誰も真似することの出来ない最高級の磁器を、鍋島家の誇りと藩の存亡をも考えた最重要な品物として考えていたと思います。

今回、公開講座で用いた図像資料は、九州陶磁文化館長の鈴田由紀夫氏より戴きましたもので、それを存分に用いる事ができたことは誠に幸いでした。改めて感謝申し上げたい。


(3)につづく

教育学部 児童教育学科 教授 荻原延元




 
            

2015年09月14日

日本の美術にみる色彩と文化

地域とともに活躍する川村学園女子大学





―青の世界―

 
    
「日本の美術にみる色彩と文化」―青の世界―
T徳島・阿波藍の歴史文化  U古伊万里・有田の染付の魅力 
V北斎・広重のプルシャンブルーの3つのテーマを選びました。

T、Uは実際に現地に赴き、資料館、専門の作家および研究者を訪ねて学んだこと、
Vでは浮世絵の展覧会にて鑑賞して、多くの美術書籍、参考文献等から参照しました。

ここでは、川村学園女子大学公開講座での内容に加え、
本年、再び徳島を訪ねて撮影した写真と新たに研究した事柄も加えて、≪青の世界≫をテーマの話をいたします。


T.徳島・阿波藍の歴史と文化


日本の藍染めの歴史について、「日本の藍―染織の美と伝統」(田村善昭著、日本放送出版)の序文「庶民の藍・永遠の藍」(北村哲郎氏筆)には「魏志倭人伝に正始4年(西暦243年)、倭国から絳箐(こうせい)の縑縑(かとり)、すなわち赤や青に染めた絹織物が献上された」とあり、その歴史の古さを知らされます。

日本の藍染めでとりわけ有名な「阿波藍」の起源をさかのぼると、現在の徳島県山間部にいた忌部氏の藍に染める衣料にはじまると云われており、古文献では平安時代の村上天皇の御世に著された『阿州藍草貢々記』に“阿波の藍を最勝とする”と記されています。

鎌倉時代中期ごろから戦国時代には吉野川流域に藍栽培が広がりはじめますが、やがて天正13年、蜂須賀家政が阿波に入国すると、領地となった吉野川流域が砂地であり、温暖多雨な土地の為、毎年、河川の氾濫により肥沃な腐葉土が大量に畑へ流れ込み、藍栽培に適した地であることを知ります。

しかし藍の収穫において農民は毎年吉野川の氾濫に苦しみ、堤防を築いて欲しいと要望しますが、全く叶えられず長年にわたり苦労して土地に生きてきました。
ただ、城のある武家町側には早くから堤防が造られています。

明治時代になると藍栽培はますます盛んとなり、明治36年には作付面積が全国の過半数にまで広がり栄えますが、明治末期になると安価なインド藍と合成染料の輸入により、徳島のみならず日本の藍産業は衰退の一途をたどる事になりました。

昨年と今年の夏に徳島市藍住町にある「藍の館」資料館を訪ねました。
ここは江戸時代の大藍商旧奥村家の屋敷内に建つ資料館で、徳島の阿波藍の歴史と藍製造の技を詳しく知ることができます。藍住町および近隣の上板町周辺地域は、吉野川流域のなかでも蓼藍(たであい)の葉を栽培している農家が集中していて、この地区は“すくも”(藍玉ともよばれる)を造る、藍師又は水師と呼ばれる匠の人たちが暮らしています。

「藍の館」では藍染の着物、夜着、布団、暖簾、風呂敷、武具、調度等が数多く展示され、さらに写真及び見事な和紙人形による、蓼藍栽培の風景と“すくも”造り、大藍商人の様子などを良く理解することが出来ます。
特にここでは蓼藍の葉を深い甕に入れて発酵させて、藍染料となる「すくも」に関する生産過程を詳しく藍師佐藤昭人氏が記していて、阿波藍の歴史・文化についてより関心を深めることができます。


荻原図1.jpg
(図1)藍の館(旧奥村家)

荻原ず2.jpg
(図2)藍の館(藍染めのきもの)

荻原ず3.jpg
(図3)蓼藍の葉(夏に2回収穫)

荻原ず4.jpg
(図4)藍染め(和紙人形で再現)




             
今日、天然藍染めの商品を製造する全国の工房の多くは、藍住町、上板町で生産された「すくも」を使用しており、そのシェアーはおよそ90%にもなるといわれています。

江戸時代の農業全書全十巻(宮崎安貞著)には、人々に必要な植物として“三草四木”という考え方があり、三草は麻・藍・紅花叉は麻・藍・木綿、四木は桑・茶・楮・漆とされ、藍が選ばれています。日本では古代より高い身分の人しか身に着けることを許されない「禁色(きんじき)」が各時代にありますが、“藍の色”は誰もが自由に使用できました。

そして武家においては“勝”につながるとして、藍染めでは最も濃い染めの“褐(かち)色”を好まれて、現在でも剣道の稽古着は、藍染めが防菌・防臭にもなる事もあり多く使用されています。そして薄い藍染めの色は“甕のぞき”といい、以降は色の濃くなっていく順に浅葱色、縹(はなだ)色、藍色、紺色、そして褐色と呼ばれます。




荻原図5.jpg



図−5 藍染の色名 




江戸時代になると木綿の生産が各地で広まり、きもの、ゆかた、半纏、足袋、暖簾、布団、風呂敷など、特に庶民は藍染め物を生活の中で様々に用いてゆきます。

明治時代に来日した小泉八雲の日記には、出会う人々の衣服や店に懸けられた暖簾など、あらゆるものが紺色であることに驚く記述があり、この一文により当時の様子がすぐさまにイメージされて、不思議と何処か遠い明治の面影が思い浮かんできます。

ところで、徳島市藍住町から吉野川沿いを上流に向かって、高速バスで30分ほど行くと美馬市脇町が有ります。ここは伝統的重要建造物群地区とされ、江戸時代中期から明治時代中期頃にかけて、藍商人達が商をして暮らした、“うだつのある町”として知られる古き町並が約400m続き、白壁の蔵・うだつ・虫篭格子の日本建築が美しく、阿波藍が長くこの地を繁栄させてきたかを知らされます。


荻原図6.jpg 荻原図7.jpg 荻原図8.jpg
  
        
図―6 、図―7、図―8   藍商人により栄えた脇町・うだつのある伝統的重要建造物群



(2)につづく


教育学部 児童教育学科 教授 荻原延元