2016年03月16日

「紫の物語」としての『源氏物語』

地域とともに活躍する川村学園女子大学






「紫の物語」としての『源氏物語』(1)

 日本文学史上屈指の名作であり、世界初の本格的な長編小説である『源氏物語』。

 この物語を、平安時代の人々は、「紫の物語」、「紫のゆかり」などと別称していました。
たとえば、『源氏物語』から50年ほど後に著された、菅原(すがわら)孝標女(たかすえのむすめ)の『更級日記』に、
以下のような記述があります。

菅原(すがわら)孝標女(たかすえのむすめ) 作『更級(さらしな)日記(にっき)』の一節

【本文@】
紫のゆかりを見て、つづきの見まほしくおぼゆれど、人かたらひなどもえせず。
【現代語訳】
『源氏物語』の紫の上にまつわる巻を読んで、その続きが見たくてならなかったが、人に頼むことなどもできなかった。

【本文A】
紫の物語に宇治の宮のむすめどものことあるを、いかなる所なれば、そこにしも住ませたるならむとゆかしく思ひし所ぞかし。
【現代語訳】
ここは、『源氏物語』に宇治の姫宮たちのことが書かれているのを、いったいどういう場所柄ゆえに、ここを選んで住まわせたのだろうと、以前から一度は見たいと思って


 なぜ、『源氏物語』は、「紫の物語」と呼ばれるのでしょうか。
 それは、この作品の根幹を形づくっている、以下の3人のヒロインに由来しているのです。


桐壺更衣…源氏の母親。桐壺帝の寵愛を受けるが、光源氏が3歳の夏に他界する。
藤壺宮…先帝の四の宮。桐壺更衣に瓜二つ。桐壺帝の后となる。
紫の上(若紫)…藤壺宮の姪。幼少期、光源氏に見初められ、引き取られる。



(2)につづく


文学部  日本文化学科  講師  森田 直美