2017年04月20日

花祭り―誕生仏立像の諸相―(1)

地域とともに活躍する川村学園女子大学





花まつり ―誕生仏立像の諸相―


第1回 花まつりと誕生仏立像


花まつりとは、お釈迦さまのご誕生を祝う祭のことです。日本では古来よりお釈迦さまの誕生日は4月8日(旧暦)に当たると伝えられてきました。この花まつりは日本に仏教が伝来した古代から現在まで広く行われてきており、国内の仏教関連の祭りのなかで最も親しまれ、また浸透した祭りといってもよいかもしれません。

花まつりの名称はほかにも色々あり、仏生会、浴仏会、灌仏会などとも呼ばれていますが、この「浴仏」や「灌仏」という語句はこの祭のメインイベントにちなんでいます。花まつりでは、誕生仏立像というちょっと変わった仏像を主役としてお祀りします。種々の季節の花々をあしらった小さなお堂(花御堂)を設置し、そのお堂のなかに甘茶や香水で満たしたタライ(灌仏盤)を据え、そのタライの中央に誕生仏立像を安置します。お釈迦さまの誕生を祝う参加者は、柄杓などでタライのなかの像に甘茶や香水をかけるのです。

この儀式はお釈迦さまの誕生にまつわる伝説に由来しています。
経典によれば、お釈迦さまは六牙の象と化して母・摩耶夫人の胎内に入ったとされ、出産の際には夫人の右脇から産まれました。産まれたばかりのお釈迦さまは、すぐに七歩あるいてから、右手は天、左手は地を指して、大きな声で「天上天下唯我独尊」と発し、誕生を祝福する天の龍王から水を灌がれたと伝えられています。

日本の誕生仏立像は、この誕生の伝説にもとづき、右手を挙げて五指または人差し指で天を指し、左手を垂下して同じく地を指して直立する姿勢をとり、上半身は裸形で下半身に裙(くん)を着した姿にあらわされることが一般的となっています。


真田1.jpg




(2)につづく


文学部 日本文化学科 講師 真田 尊光








posted by 園遊会 at 11:51| Comment(0) | 祭・祀・政