2015年03月09日

平安の調べを聴く―雅楽の響き―(4)

地域とともに活躍する川村学園女子大学




平安の調べを聴く ー雅楽の響きー


◆4



 15〜16世紀の断絶によって、雅楽はどのように変わったのでしょうか。

 まず挙げられるのは、謡い物の断絶です。本来雅楽には催馬楽・朗詠・東遊など豊富な歌謡が付いていました。しかし江戸時代初期にはそのほとんどが伝わっておらず、17世紀、徳川家光の頃に僅かに復曲がなされたことがわかっています。

さらに雅楽の変容を具体的にうかがわせるのが、18世紀、松平定信によって書かれた『俗楽問答』という書物です。江戸幕府は儒学を重んじる立場から、儀礼音楽としての雅楽を重視しました。しかし断絶後の雅楽は、古い書物と異なる点が多かったため、定信は幕府首脳の立場から当時の雅楽を批判しています。現代語訳で掲げます。


  演奏を荘厳にしようと思って、節奏なくただむやみに引きのばして吹き、鞨鼓・太鼓・舞までも、拍子に合う演奏を野暮とみなし、筝なども(メロディをかなでる)左手を用いてこそ全体の演奏に合うはずなのに、今はそれも省き、いかにも面白くない演奏を高尚な演奏であると心得ている。(このために雅楽を聴くと)普通の人間はただ眠気を催してしまうのである。

ここからは、江戸時代、雅楽が既に間延びした退屈な音楽になりつつあったこと、その背景に、テンポを遅くすることが高尚なことと考えていた楽人の姿勢があったことがうかがえます。また、筝の左手が用いられなくなっているという指摘もなされています。筝(いわゆる「お琴」)や琵琶は本来メロディを奏でる楽器でしたが、現行の雅楽ではときどき「ポロロン」「ベベン」とかき鳴らされる程度で、メロディは奏でられていません。こうした変容が15〜16世紀の断絶によって起こったことが推測されます。

さらに他の箇所で定信は、かつては行われていなかった新たな舞の所作が加えられていることも批判しています。秘伝化によって、細かな所作が付け加えられているのだと思われます。このように『俗楽問答』の記述からは、雅楽の著しい変容が見て取れます。それにしても、松平定信ですら「眠気を催すのみ」というのですから、雅楽のコンサートでついつい寝てしまう私などにしてみれば、なんだか心強い気もしてきます。




辻4.jpg



 By 松平定信(自画像) (鎮国守国神社(三重県桑名市)) [Public domain], via Wikimedia Commons



 さて、それではもともとの雅楽は、どれくらいのテンポで演奏されていたのでしょうか。これについては、音楽学の研究者が平安時代の楽譜をもとにいくつかの復元案を示しています。復元の仕方によって幅がありますが、おおよそ現行の4倍から10倍速で演奏されていたとされています。何度か復元演奏を聴かせてもらったことがありますが、琴や琵琶のメロディを入れて10倍速にすると、とてもポップで華やかな感じになります。これなら確かに眠くはならないし、このテンポにあわせて舞うのですから、舞楽のイメージも今とはだいぶ違ったと思います。


 
 雅楽のテンポについて見てきましたが、実は近代になっても変容は続いています。そのことは、日本最古の雅楽録音からうかがえます。明治36(1903)年、ガイズバーグという技師が日本の様々な音楽が録音したものが残っています。お聴きになりたい方は『全集日本吹込み事始』というCDで市販されていますが、この中に越天楽の演奏が含まれています。この録音演奏を分析した寺内直子さんによると、現行の3倍速で演奏されており、一息で演奏されるフレーズも今よりかなり長かったということです。定信以後、近代になっても、雅楽は遅くなり続けているのです。

 雅楽のテンポが遅くなっていく現象には、いくつかの要因が考えられます。たとえば雅楽の楽譜にはテンポ記載がないため、伝承が途絶えるとテンポがわからなくなること。また、秘伝化に伴って細部へのこだわりが増した結果、長大化した可能性などです。しかし最も重要なのは、定信が「演奏を荘厳にしようと思って」と看破していたように、儀礼音楽としての重々しさを志向する楽人たちの役割意識だと思います。江戸時代に雅楽が重視されたことは既に述べましたが、近代にも宮中の「伝統」音楽としての意識が働いた結果、無意識のうちにテンポが遅くなっているのではないでしょうか。


 以上、かなり駆け足で古代から近代まで雅楽の歴史を追ってきました。「伝統文化」としての雅楽が、歴史的にみると実はかなり変容してきていることがおわかりいただけたかと思います。「伝統」は決して超歴史的なものではなく、社会の変動に対応しながら文化を伝えようとする人々の努力、あるいは国家や「家」やコネのために文化を利用する人々の思惑によって、形や機能を変えていくものと言えるのではないでしょうか。


〔参考文献〕
・別冊太陽『雅楽』平凡社、2004
・荻美津夫『古代音楽の世界』高志書院、2005
・福島和夫『日本音楽史叢』和泉書院、2007
・福島和夫「日本音楽史研究の現在と王朝文学」(『平安文学と隣接諸学8 王朝文学と音楽』竹林舎、2009)
・寺内直子『雅楽の〈近代〉と〈現代〉』岩波書店、2010


文学部 史学科 講師 辻 浩和




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。