2015年05月25日

「赤い王朝、黄色い王朝」−五行説の世界−(3)

地域とともに活躍する川村学園女子大学






(3)

 「木・火・土・金・水」がこの世界の基本元素だというのは何となく理解できますが、決まった順序で交代し循環する、というのはどういうことでしょうか。

 戦国時代中期の『尚書』洪範篇の記述では、基本元素は「一に水、二に火、三に木、四に金、五に土」という順序で挙げられていますが、その順序になっている理由は明確でありません。まあ、何となくこの中では水と火が他以上に重要そうですけどね。

 鄒衍は、「木は土に勝ち、金は木に勝ち、火は金に勝ち、水は火に勝ち、土は水に勝つ」という説を唱えます。つまり「木→金→火→水→土→木→金…」と循環することになる、というわけです。

 
 イメージできますでしょうか。

  木は、土を破って生えてきます。
  金属は、木を簡単に切断します。
  火は、金属を溶かします。
  水は、火を消し止めます。
  土は、水をせき止めます。
 という、「どちらが勝つか」比べをするとこうなる、という説明を加えたわけです。

 この「木→金→火→水→土→木→金…」という順序で循環する、という理論のことを、「五行相勝説」(もしくは「五行相剋説」)と呼びます。

 そして鄒衍は、彼の時代までに成立した中国の王朝をこの説に当てはめます。 

 「夏王朝は木徳、殷王朝は金徳、周王朝は火徳をそれぞれ天から授かって地上を支配した。従って、周の次の王朝は水徳である」と。

 このような発想は、周王朝の命運が風前の灯火となっていた戦国後期に生きた鄒衍ならではかもしれません。いったい天下の行方はどうなるのか、全ての知識人の関心事だったのですから。

 こうして、水・火・木・金・土という五元素は、単にこの世の物質を全て作っているという自然科学的な説明にとどまらず、中国を支配する王朝のあり方をも理論づけるものとなりました。この考え方に従い、周の次に中国を支配した秦王朝−ご存じ始皇帝によって天下統一が果たされました−は水徳であり、さらにその滅亡後に建国された漢王朝は土徳である、とされました。


 そして前漢中期(紀元前1世紀)になると話はさらにエスカレートします。

 董仲舒(とうちゅうじょ)という学者がいました。彼は陰陽五行説を導入し、歴史書に記されている、日食や干ばつといった天変地異の原因を、同時期の政治的事件で説明していったのです。

 天変地異と政治的事件とを関連づけることは、古くから行われてきました。例えば「○王が暴君だから、ひどい洪水が起きたのだ」「×国の当時の殿様が寛大だったので、この時期は豊作が続いたのだ」といった具合です。

 董仲舒はそこに陰陽五行説を持ち込んだわけです。五行は決まった順序で交代し循環しますから、そこにうまく歴史上の事件を当てはめることが出来れば、「ほら、こういう結果になったのは必然だったのだよ」と説得できます。

 これが21世紀の現代であれば、いくら見事に説明したって、うさんくさい「トンデモ本」として笑われるのがオチです。

 しかしそれは、五行説以上に説得力のある近代以降の自然科学の世界を、我々が学んでいるからです。そんなものが存在しなかった古代において、五行説以上に全てをうまく説明する理論はありませんでした。


 ところで、「木・火・土・金・水」がどういう順序で交代するか、という点については、鄒衍と別の考え方をする人もいたようです。

 木から火が生まれる(←木は容易に燃える)。
 火から土が生まれる(←火が消えた後には灰が出現する)。
 土から金が生まれる(←金属は土の中から掘り出される)。
 金から水が生まれる(←金属製品の表面には結露する)。
 水から木が生まれる(←木は水を吸収して生えてくる)。
 という、「どれからどれが生まれるか」を見極めるとこうなる、という説です。

 つまり、「木→火→土→金→水→木→火…」という順序で循環する、という理論になります。こちらの理論のことを「五行相生説」と呼びます。

 董仲舒の時代からしばらく経った前漢後期には、こと王朝交代については五行相勝説より五行相生説で説明する方が主流となりました。そこで、漢王朝は土徳ではなく火徳である、そして漢の次の王朝が土徳である、という説明になりました。




高津5.jpg






 こうして、後漢の時代(紀元1〜3世紀)には、陰陽五行説は、自然界・人間界を問わず、あらゆる事象を説明する理論として隆盛を極めました。

 しかし、そんなに何でもかんでも五行で説明できるものでしょうか。
 次回、いくつかの事例をご紹介しましょう。


(4)につづく




文学部 史学科 教授 高津純也




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。