2015年11月04日

氷河時代の下総

地域とともに活躍する川村学園女子大学





氷河時代の下総(1)−氷河時代とは−

 1.氷河時代のイメージとマンモス


氷河時代のイメージを本学の学生に聞いてみました。すると、そのイメージは、@寒い、Aマンモス、B氷、氷河といったイメージを持つことが分かりました。したがって、図1に示したように、陸地が氷河によって覆われており、マンモスが吹雪の中を闊歩するといった氷河時代の姿を思い浮かべるようです。本文を読んで頂いている皆さんも、恐らく、このようなイメージをお持ちではないでしょうか。


二上 1.jpg



図1 イメージに基づく氷河時代



 

そこで、簡単にマンモスについて触れてみたいと思います。マンモスは今からおおよそ500万年前(新生代新第三紀の鮮新世)に出現して、約1万年前(新生代第四紀の更新世末期)に絶滅したゾウの一群(分類学的にはマンモス属:Mammuthus )を指します。マンモスは頭が極端に高く短くて特に後頭部が上に突出していること(図1、2)や巨大な牙を持つことなどが特徴です(5m以上の長さの牙が発見されています)。

現在までに14種類が知られており、氷河時代には、南・北アメリカ大陸、ユーラシア大陸、アフリカ大陸など広い生息分布域を持っていました。

マンモスといえば、一般に巨大な動物というイメージを持ちます。例えば、北アメリカ大陸に生息していたインペリアマンモス(Mammuthus imperator)コロンビアマンモス(Mammuthus columbi)は体長が5m、体高が3〜5m、ヨーロッパで知られるステップマンモス(Mammuthus trogontherii)は体長が4.7~5.2m、体高が4〜5m、また、日本では有名なシベリアの永久凍土から出土するケナガマンモス(Mammuthus primigenius)で体長が4〜5m、体高が2.7〜4mと大きな動物です。その一方、大変小さなものも知られており、北極海沿岸で見つかったコビトマンモス(Mammuthus exilis)は体長が1.4〜2m、体高が1mぐらいしかありません。


二上2.jpg



図2 ケナガマンモスの復元図




 
2.過去の氷河時代の記録

 広い意味で氷河時代とは、地球に氷河が存在する時代のことをいいます。今までに、氷河時代は少なくとも6回、確認されています。すなわち、24.5−22億年前(ヒューロニアン氷期)、7.6−7億年前(スターティアン氷期)、6.2−5.5億年前(マリノアン氷期)、4.5−4.2億年前(アンデス―サハラ氷期)、3.6−2.6億年前(カルー氷期)、そして60−1万年前の第四紀氷河がそれです。

現在、地球には極地域を中心として、氷河が存在することに私たちは何の変哲も感じません。しかし、例えば、中生代(おおよそ2億5千万年前〜6千5百万年前)、すなわち恐竜時代ですが、この時代の白亜紀には氷河が発達するどころか極地域の海水面の温度が20℃以上にも達したとする研究が報告され、氷河の存在はまったく確認されていません。

このように、実は、地球の歴史46億年の間で、氷河が発達した時代の方が極めて短く、私たちは地史学的に極めて稀な時代に生きているといっても過言ではありません。

3.氷期と間氷期

現在の氷河の発達は、おおよそ260万年前頃から始まったと考えられています。この頃から気温が低下し始め、その後に、極端に寒くなった時期と暖かくなった時期といった具合に寒暖の時代が交互に繰り返されたことが分かっています。

気温が極端に低下した時代を氷期といい、また、温暖化した時代を間氷期といいます。

これらは一般に、260−60万年前をドナウ寒冷期、60−55万年前をギュンツ氷期、55−45万年前をギュンツ・ミンデル間氷期、45−38万年前をミンデル氷期、38−24万年前をミンデル・リス間氷期、24−15万年前をリス氷期、15−7.2万年前をリス・ウルム間氷期、7.2−1万年前をウルム氷期とそれぞれよばれています。

したがって、最近の氷河時代(新生代第四紀氷期)は、4回の氷期と3回の間氷期からなっており、狭義には、今から60万年前から1万年前の時代を指します。なお、現在も氷河時代が続いていると考える研究者もいます。

このように、氷河時代とは、寒い時代だけではなく、暖かな時代(時には現在よりも暑い時代がありました)も併せて氷河時代と呼ばれています。


二上3.jpg



図3. カナダ、ユーコン州の氷河





(2)につづく




教育学部 社会教育学科 教授 二上政夫





 
posted by 園遊会 at 15:54| Comment(0) | 東葛我孫子発見伝
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。