2016年12月08日

アメリカ大統領選2016(2)

地域とともに活躍する川村学園女子大学





2.大統領選挙の制度

今回は大統領選挙の制度について説明します。 

今年の大統領選挙では、トランプが勝利しましたが、全体の得票数はトランプ46.6%、クリントン48.1%で、クリントンの方が多く票を獲得しています(Real Clear Politics)。なぜこのようなことが起こるのか、そこにはアメリカの大統領選挙独特の選挙人制度というものがあります。

総理大臣を国会議員が決めるという制度を持つ日本人からすると、アメリカの大統領は直接選ばれているような印象がありますが、実際、アメリカの大統領選挙は間接選挙です。厳密にいえば、11月の一般選挙で、国民は大統領を直接選んでいるのではなく、自分たちの代わりに投票する選挙人を選んでいるのです。ここで選ばれた選挙人が12月に大統領に直接投票することによって、その勝者が正式な次期大統領となります。

選挙人の数は州ごとに、その人口に基づいて決定されます。例えば、人口が多いカリフォルニア州では55人の選挙人が割り当てられています。それに対し、ワイオミング州のような人口が少ない州で割り当てられている選挙人の数はわずか3人です。50州全体の選挙人の数は538人で、これは各州の連邦議会上院・下院議員の合計と同じです。

選挙人は、大統領候補を擁立している党すべてがそれぞれの州ごとに選挙人を登録します。例えば、カリフォルニア州であれば、共和党も民主党も、そして第三政党もみな55人の選挙人を用意します。ここで登録された選挙人はそれぞれの政党の擁立する候補者に投票することを誓約しています。まれにその約束を破り、別の候補に投票する選挙人もいますが、数が非常に少なく、11月の選挙結果が覆ったことはありません。

11月の一般投票では、大統領候補の名前を選びますが、ここで多数派となった大統領候補が属する政党の選挙人が12月の投票に臨む権利を得ることとなります。

ここでもう1つ理解しておかなくてはならないのは、「総取り方式(Winner-take-all)」です。これは各州の最高得票の候補者がその州に割り当てられた大統領選挙人をすべて獲得できるという制度です。僅差であっても勝ったほうがすべてを取り、負けたほうは選挙人0になります(メイン州とネブラスカ州では比例割り当て方式)。

例えば、今年の大統領選挙で、接戦となったペンシルバニア州でのそれぞれの得票率はトランプ48.8%、クリントン47.6%でした。パーセンテージでは1.2%の僅差でしたが、この州に割り当てられている選挙人20人はすべてトランプのものになります。すなわちペンシルバニア州では、共和党が登録した選挙人20人が12月の本選挙に臨むことになるのです。

今回の大統領選挙では、接戦州と言われていた州のほとんどで、トランプが僅差で勝利しました。結局、トランプは306人、クリントンは232人の選挙人を獲得し、トランプが勝ちました。これが、冒頭に述べた、得票率が勝敗に反映しなかった理由となります。

得票率が低い候補者が大統領になった例として有名なのは、2000年のジョージ・ブッシュとアル・ゴアの選挙です。得票率ではブッシュ47.9%、ゴア48.4%で、ゴアの勝利でしたが、選挙人はブッシュが271人の選挙人を獲得し、266人の獲得にとどまったゴアに勝利しました。



倉林2−1.jpg



 
ジョージ・W・ブッシュ(2001‐2009)



今回の選挙でトランプが勝利したことで、選挙人制度が見直されることになるかもしれません。


次回はトランプが勝利した理由を考えてみたいと思います。


(3)につづく
(画像はすべてWikipediaのパブリック・ドメインのものを利用しています)


文学部 国際英語学科 講師 倉林直子





posted by 園遊会 at 11:49| Comment(0) | 祭・祀・政
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。