2017年01月26日

祭りが生まれる、祭りが変わる

地域とともに活躍する川村学園女子大学





祭りが生まれる、祭りが変わる―民俗学の立場からみた祭りの現在―(1)



はじめに

「祭り」といえば「伝統」や「ふるさと」というイメージと親和的です。しかし、それはあくまでもイメージです。それらは大小さまざまな変化を経ながら今日のかたちをとっていますし、新たな「祭り(らしきもの)」が生み出されてもいます。本講座では、民俗学の立場から、変化と創造に満ちた祭りの姿を検討してみます。


1.「祭り」とは

もっとも狭義における「祭り」とは、周期的な神の来臨に際して、これに奉仕しつつ神託を乞い、祈願を届け、また感謝の意を告げて、再び送り返す、集団成員による集団のための宗教儀礼もしくはその複合と捉えるべきものです。祭りは、「まつらう」こと、つまり奉仕することを意味します。一年に一度、決まった日に来臨した神に奉仕することが祭りの一つの根幹とみることができるでしょう。



及川1.jpg


写真1 埼玉県秩父郡小鹿野町の大徳院稲荷神社の祭り。2016年及川撮影。





写真1は大徳院という寺にある稲荷神社の祭りです。祭典には地区の人びとのみが臨み、観光客はきません。地区の人びとが、地区のために行なう「祭り」です。
ただし、祭りの宗教的側面に注目するのみでは、現実を理解する上で不十分です。現代と比較して娯楽の選択肢の乏しい生活環境では、「祭り」はきわめて「楽しみ」な機会の一つでもありました。



2.「祭り」「祭礼」「イベント」

私達は、祭りは喧騒と興奮の機会であるというイメージをもっています。民俗学では、集団が集団のためだけに行なうもの「祭り」とは別に、「祭礼」という概念を使っています。相違点は「観客」の存在です。「祭礼」は、「祭り」に観客を意識した趣向を組み入れ、それが盛大化したものを指します。写真2は佐原の祭礼です。立派な山車を各町内で曳きまわす、とても賑やかな「祭礼」です。



及川2.jpg


写真2 千葉県香取市佐原の祭礼。2008年及川撮影。




 祭り(祭礼)は二つの顔をもつといえます。厳粛な神迎えの祭儀と大騒ぎの機会という二側面です。人びとは祭りに刺激をもとめ、新しさ・面白さを競っていきます。こういうエネルギッシュな側面もまた、祭りの根幹と考えたほうがよいでしょう。

 このことを前提に目を向けてみたいのは、現在、各地で行なわれているイベントです。宗教性の希薄な、もしくはまったく伴わない「祭り的なるもの」が各地にあふれている。これらは、ときとして「○○祭り」などと銘打つわけですが、果たして祭りといって良いのか否か。これはたしかに「神なき祭り」ではあります。しかし、体験される様態としては、宗教的な祭りと連続性があるということができます。祭りは、神が来臨し、人間に活力を与える機会です。もしくは、淡々とした日常にリズムを与え、人びとを賦活するものでもあります。イベント祭りもまた、非日常の体験によってリフレッシュする機会ということができます。



3.真正性

こうした祭りや祭礼の「いま」を考えようとする場合、難しい問題が存在します。それが真正性です。



及川3.jpg


写真3 秋田のなまはげ。2009年及川撮影。



及川4.jpg


写真4 埼玉県の人形サミット。2016年及川撮影。




写真3は秋田の「なまはげ」です。男鹿半島等で小正月の日に、村の若者たちがこれに扮し、各家をまわるという行事ですが、この写真は村の行事を撮影したものではありません。実は、秋田市の駅前にある居酒屋のショーなのです。問題は、この居酒屋でのなまはげ体験は、「本当の」なまはげ体験といえるのか否かということです。一年の特定の時期、特定の村で、村人たちのために行われていた行事と、この居酒屋のなまはげを同列に見てよいのか否か。

この種の問題は枚挙に暇がありません。写真4は市民ホールで秩父市白久の串人形が演じられている場です。伝統文化の普及啓蒙のために行われている催しですが、ここにはナマハゲと同じ問題が横たわっています。祭りの雑踏のなかで観客の息遣いを間近に感じながら、彼らを楽しませるために、つまり観客との相互性のなかで演じられていた人形芝居と、市民ホールのステージで披露される人形芝居とは、同じものといって良いのか否か。

本来の文脈から切り離されたところに存在する行事や芸能は、文化の真正性にこだわる立場からは問題視されかねません。しかし、これらがあるからこそ、文化の継承の可能性は拓かれ、担い手のモチベーションにもなります。そもそも、前近代的な生活文脈から切り離されていない伝統文化など現代社会にあり得るのでしょうか。ひるがえって、文化に偽物と本物という区分を持ちこむことが有効かどうか、という問題も発生します。文化は人間に営まれるもののすべてと言ってもよろしい。とすれば、そもそも「偽物の文化」など、あり得えないのかもしれません。厄介な問題ですが、現代社会で文化を考えようとする時、この点は必ず検討してみるべき課題の一つといえるでしょう。




(2)につづく

文学部 日本文化学科 講師 及川 祥平




posted by 園遊会 at 16:10| Comment(0) | 祭・祀・政
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。