2012年08月18日

ロンドンオリンピック総括編(1)

地域とともに活躍する川村学園女子大学



夢の続きは「ブラジル・リオ」へ(1)




 ロンドンで開かれた第30回夏季オリンピック大会が8月12日(日本時間13日)、17日間の全日程を終え、閉幕しました。


ロンドンとの時差は8時間、日本では深夜から明け方にかけて多くの競技が放送され、
眠い目をこすりながら日本選手の活躍に声援を送った人も多かったのではないでしょうか。

本ブログも6回にわたってロンドンオリンピックの見どころを取り上げてきました。
最後に大会全体を振り返ってみたいと思います。

 先ず、今大会は、女子ボクシングの開催により、史上初めて実施全競技に女性参加種目が設けられ
すべての国・地域から女性選手が参加する記念すべき大会になりました。

開会式では、各国の旗手に女性の姿が目立ち、歴史的大会を象徴しました。
(日本は女子レスリングの吉田沙保里選手でしたね!)


開催の理念は、大きく分けて二つ掲げられ、それらは何よりも開会式に示されました。




[※]開会式に出席されるエリザベス女王様

TL_980147.jpg女王さま.jpgシャープ.jpg



1.インスパイア・ア・ジェネレーション 

ロンドンは,開催都市に立候補する段階から、一貫してオリンピックの遺産を子どもたちへ引き継ぐ理念を強調してきました。
大会のスローガン「インスパイア・ア・ジェネレーション(次世代に息吹を)」は、
スポーツを通して次世代の子どもたちに力を与えたいという思いを表現しています。

開会式の聖火の最終走者が、過去の有名選手ではなく、
イギリススポーツ界の明日を担う7人の若手アスリートたちだったことは、
この大会スローガンを具現化した演出だったといえるでしょう。


7人.jpg



[※]手を差し伸べる聖火の花弁に点火する7人のアスリートたち


聖火.JPG





2.サステナビリティ  今大会の運営方針は「サステナビリティ(持続可能性)」

開会式の冒頭、フィールド上に再現された美しい田園を、煙を吐く工場群へと変えてしまう場面がありました。
イギリスの産業革命を表す演出でした。


産業革命.jpg


[※]フィールドに突然現れた煙突と工場



オリンピック会場の周辺もかつては工場地帯で、土壌汚染がひどい土地だったといいます。
こうした反省から、地球環境を守り文明社会を長く維持するために、
「サステナビリティ」を大会運営の基礎に据えたのです。




TL_980229.jpg開会式.jpg


[※]古代ケルトの聖地グラストンベリー・トー(Glostonbury Tor)を模した丘


これからのオリンピックにも,この理念を受け継いでいってもらいたいと思います




そして、時代的特徴としては、ソーシャルメディアオリンピックということが挙げられます。

 今回のオリンピックは、短文投稿サイト「ツイッター」や交流サイト「フェイスブック」などのソーシャルメディアが、
初めて大きな役割を果たす大会として位置づけられ,「ソーシャルメディア五輪」や「ソーシャリンピック」などと呼ばれました。

この背景には、ソーシャルメディアの利用者が、前回の北京大会と比べて急激に増えたことが挙げられます。
(ツイッターの利用者は2008年には世界で600万人だったのが1億4000万人に、フェイスブックは1億人から9億人に増加)

また、国際オリンピック委員会も積極的にソーシャルメディアの使用を後押しし、
選手たち自身の情報発信を奨励しました。

ソーシャルメディアは、極限の競技に挑む選手たちによって吐露された生々しい声にあふれ、
私たちにとっては、選手の存在がぐっと身近に感じられました。

一方で、人種差別的投稿をしたギリシャとスイスの選手が、選手団から追放されるという問題が発生しました。

さらに、自転車競技では,沿道の観戦者による大量のツイートでGPSの信号に影響が出て、
大会運営に支障をきたす場面がありました。

それらは今後の課題です。

大会期間中、オリンピックや競技に関連した「つぶやき」の総計が、全世界で1億5000万回を突破したと報道されました。
これは、北京大会の約150倍にあたります。
選手とファンが、ソーシャルメディアでつながる時代の本格的到来を感じさせる結果となりました。


橋本さん iPhone切り抜き縮小.JPG


※iPhoneを高く掲げて聖火を待つ街の人々  撮影:橋本康子


2年後、ロシアのソチで開催される冬季オリンピックは、ロゴマークそのものがURLになっているといわれてます。
オリンピックのような世界的なイベントで、ソーシャルメディアの存在感、役割は、今後もますます大きくなっていくでしょう。




では、ロンドンにいる本学の学生たちがソーシャルメディア(Facebook)で送ってきたリアルな映像もご紹介いたしましょう。


エジプトチケット縮小cutagain完成.JPG



※日本サッカー予選エジプト戦のチケットと、3点入れたときの電光掲示板の表示 撮影:野口裕美



電光掲示板縮小cuttingagain.jpg




Inspire a generation と書いた垂れ幕が見えますか?



スペイン戦修正.jpg

※グラスゴー:スペイン戦  撮影:野口裕美


[※]は、ロイヤリティフリー(南アフリカGallo Images)




教育学部 社会教育学科 准教授 藤原昌樹




(2)につづく
次回は,オリンピック編最終回。日本選手の活躍とロンドンが残した課題を取り上げます。





posted by 園遊会 at 20:00| Comment(0) | スポーツ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。