2012年09月12日

カリブの海賊の真実(4)


地域とともに活躍する川村学園女子大学





カリブの海賊のイメージは、やはり真実!?



4.海賊の掟とロマン


海賊はどんな人生を送ったのでしょうか?

前に、海賊の多くは「不本意就職」をしたことに触れました。
とはいえ、いったん仲間に入ってしまうと、ほかの船では経験できない魅力もありました。

たとえば、商船もそうですが、とくに軍艦内は完全なピラミッド社会で、
末端の乗組員には出世のチャンスも少なく、給料も低くて遅配、未払いもよくあることでした。

しかし海賊船は、首領の権威は大きなものでしたが、その他の乗組員の間の待遇は、
獲物の分配も食糧や飲料の割り当ても、基本的に平等だったと言われています。

戦闘で手足を失った時の補償さえもありました

僅かに残っている「海賊の掟」からもそのことがうかがえます。

しかも、部下の信頼を裏切ったり、きっちり成果の挙げられない首領は、すげかえられてしまいました。

次にご紹介するのは、バーソロミュー・ロバーツ(1682年-1722年)というウェールズ生まれの海賊の書いた掟“Articles”。
彼は、その生涯において400隻もの船舶から5千万ポンドに及ぶ略奪をしたと言われ、
18世紀前半までの「海賊黄金時代」最後にして最大の海賊とされ、ブラック・バート(Black Bart)の異名で知られています。
この掟Articlesは、一味全員が守ることを誓い、署名した文書です。
以下はそのうちの現存部分として、チャールズ・ジョンソン(『ロビンソン・クルーソー』で有名なダニエル・デフォーだという説もあります)が1724年に紹介したものです。


old paper again.JPG
oldpaper2again.JPG
oldpaper3again.JPG


出典
Charles Johnson, A general history of the robberies and murders of the most notorious pyrates, and also their policies, discipline and government, from their first rise and settlement in the island of Providence, in 1717, to the present Year 1724. (London, 1724), pp.169-172.



海賊たちが死刑より恐れた「孤島の置き去り」Marooning



置き去り本文用.JPG


[※](孤島の置き去りの刑)
タークスカイコス 1971 7/17 発行



18世紀の初頭から、ヨーロッパ諸列強、とくにイギリスは、海賊の撲滅に力を注ぐようになりました。
カリブの海に法の支配を及ぼし、フランスやスペインなどとの棲み分けもできてくると、
海賊を共通の敵として「全人類の敵」に位置付けました。

海賊の存在を許すようなグレーゾーンはなくなっていったのです。
(列強自体、「海賊」以前に大海賊ではなかったか!)

海賊たちは、強力な海軍によって追いつめられ、抵抗して殺されたり、捕まって死刑になったりして、
1720年代のおわりには、かつてあれほど栄えたカリブの海賊はほとんど姿を消してしまったのです。


死亡宣告本文用.JPG

[※](海賊ブラックバード船長と部下の手なる死亡宣言書)
セントクリストファ・ネヴィスアンギュラ 1970 発行


重要な情報としてもたらされる「バートの死」と、キャプテン・キッドの処刑


キャプテンキッド2.JPG

[※]海賊キャプテン・キッドのハンギング(絞首刑)1701
(ネヴィス2000/ 1/4 発行)


キッドのように有名な海賊が生きて捕まると、テムズ川岸で処刑し、防腐剤を塗っていつまでも晒して見せしめにしました。

海賊たちの多くは、若くして命を失いました。
運が良ければ稼いだお金を元手にして港で商売を始める人もいたでしょう。
しかし、ほとんどは歴史の靄のかなたに消えてしまいました。


沈没船.JPG


彼らがどうなったのか、知る方法はほとんどありません。

だからこそ、わたしたちはいつまでも、歴史上のカリブの海賊にロマンを感じ、
魅了されるのかもしれません。


海の藻屑.JPG



                                             


※ロイヤルティフリー
[※]スタンプメイツ(切手映像資料所蔵)切手で綴る大航海物語
資料提供者 神戸の西原隆則


文学部 史学科 非常勤講師 金沢 周作


(京都大学 文学部 准教授)




posted by 園遊会 at 22:38| Comment(0) | エンタメ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。