2012年09月19日

ヒッグス粒子

地域とともに活躍する川村学園女子大学



今年の夏の始まり頃から、俄かに「ヒッグス粒子」などという聞きなれないものが巷に話題となり、
訊けば物理学上の大変な発見らしい、ということが分かりました。
しかもそれは、物理学の中にとどまらず、私たちを取り巻く大きな宇宙についての説明にかかわる発見らしい、
ということも分かりました。
それなら、物理学には平素関わりのない生活をしている私たちにも何か有益な知識に違いないと思い、
本学教養教育科目の「宇宙から見た地球論」(物理学)を長いこと担当下さっていた大澤昭則先生に、
一つ分かり易く「ヒッグス粒子」について解説して頂くことにした次第です。

大澤先生は、「東京大学宇宙線研究所」から本学に教えに来てくださっていた先生です。

以下は、大澤先生から送られて来たpdfをそのままアップロードしたものです。

各記事の終わりに、大澤先生のe-mailアドレスが付けられていますので、
質問等がありましたら、直接先生にアクセスすることが出来るようになっています。

分からないこと、聞きたいことがありましたら、どうぞ奮って、先生に質問をお送り下さい。




目次: ヒッグス粒子

1. 物質は何からできているか  (ヒッグス粒子[第一回])

2. これ以上分けられない粒子は、何種類あるか

  2.1 基本粒子 (ヒッグス粒子[第二回])


 2.2 力を伝える粒子 (ヒッグス粒子[第三回])


 2.3 ヒッグス粒子 (ヒッグス粒子[第四回])





ヒッグス粒子[第一回]


ヒッグス1−1切り取り.jpg




ヒッグズ1−2切り取り.jpg




ヒッグズ1-3.jpg








(2)につづく


この記事につきまして質問がありましたら ohsawa@icrr.u-tokyo.ac.jpまでお寄せください。



大澤 昭則 (元川村学園女子大学非常勤講師)





posted by 園遊会 at 16:31| Comment(0) | 宇宙
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。